〒790-0913 愛媛県松山市畑寺4-13-19
伊予鉄バス10番線バス停繁多寺口から徒歩1分

診療時間
午前10時~12時30分、午後14時~20時
(定休日:火曜日・お盆・年末年始)

お気軽にお問合せください

089-970-6060
お悩み相談室

(排便の大切さ)

健康のバロメーター

現代の多くの人達は正常な便が出ずらく、便秘がちになったり、下痢が続くなど、不調を訴えられている方が多くいます。健康寿命と排便は大きく関連しています。人の細胞は生まれ変わり新しく再生され、不要なものは老廃物となります。便秘になると、身体に色々な悪い影響が出てきます。顔には吹き出物が出たり、口臭や体臭、ストレスの原因にもなってしまいます。デトックス効果も高く、排便は約75%・尿は約20%・汗は約3%と言われていて、身体に溜まった老廃物はどんどん出していきたいものです。

どんな排便が出ているかチェック

  • 200グラム前後 色は黄金 無臭でバナナの形
  • コロコロした便で 量は普通だが非常に臭く 丸い形
  • 柔らかくてベチャベチャした 長細いつぶれた形
  • 量は少ないカチカチ 硬い丸い形
  • コロコロだったり ベチャベチャだったり  さだまらない形

排便とは

排便で健康状態が分かる

排便とは生きていく以上、必ずなくてはいけない生理現象になります。食べた物を胃で分解して必要な栄養成分を吸収して、その残りカスを体外に出す大切な役割をしています。体に不要な物を溜めておくと、病気になりやすいとも言われています。体からの大事なお知らせにもなりますので、健康管理の為にも、自分のお便りを毎日確認したり観察出来るよう癖をつけて行きましょう。

特に女性の方が便秘になりやすいのは女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが関係しています。

便秘は食生活やストレスが原因

なかなか出ない便秘やつらい下痢などは、偏った食事や食生活・生活習慣が原因になっています。

不調を感じたら、まず一番に食生活を見直しましょう。

●朝食は食べない事が多い

●食事の時間がバラバラ・抜くこともある

●水分はあまり取らない

●お菓子をよく食べる

●揚げ物や脂っこい肉が好き

●野菜や魚はあまり食べない

●自炊より外食が多い

●睡眠時間は五時間以内

項目を見て、チェックが多い人ほど食生活が乱れ大腸が弱っています。食生活が乱れるとメタボリックシンドロームになったり、生活習慣病のリスクも高くなり、身体に負担をかけてしまいます。

放置しておくと慢性便秘になってしまう

いまでは食事の偏食・ストレス・運動不足・さまざまな理由から10人に4人は便秘に悩まされていると言っても過言ではありません。放っておくと男女関係なく慢性便秘になってしまいます。

便秘は放置すると大変なことになってしまいます。実際に便をしないままでいると、体内はどうなるのでしょうか。

●肛門や直腸近くの静脈が炎症を引き起こし腫れ上がり(いぼ痔・痔核)皮膚が切れたり(切れ痔)してひどい痛みが出て来てしまいます。※肛門の皮膚は敏感な知覚神経があるため

長く滞在してしまうことを(宿便)といい、このつまり状態により停滞した便の塊は、腸の壁を圧迫して血流を低下させていき、膀胱を圧迫して尿漏れや吐き気を引き起こし、結腸に穴をあけ破裂させ命の危険性もあります。※手術が必要になります。

●便秘の慢性化は時間とともに腸の筋肉が弱くなり、自分の力だけではコントロールするのが難しくなり、症状が重くなると結腸が腫れ巨大結腸症になったり、便か逆流して口から出てくる可能性もあります。

便秘にならない為には

排便はあまり気にしない方が多いですが、健康でいるためには実はかなり大切な事という事が、お分かり頂けたと思います。

便秘は下剤や医師に処方して解決できるのはもちろんですが、まずは下剤や医師に頼らない、自分でコントロールできる排便リズム(大体同じ時間に毎日くる)を心がけていきたいです。

●排便時、ゆっくり深呼吸して体をリラックスさせ肛門の筋肉を緩めます。その時に前かがみになったり、後ろに反り返ったり動かすと、便か出やすくなります。

●行きたくなった時は我慢はしないで必ずトイレに行くようにして、自分から排便リズムを崩さないようにします。※便意があるのに排便しないのは体の排便リズムを破壊します

●適度な運動を取り入れ筋肉の低下を防ぐ(腹直筋が弱いと出にくくなります)

●腹部を冷やさずに温め・マッサージする

●水分をしっかり飲む(1日コップ7~8杯ほどの水分摂取)

●三食しっかり食べる(朝食は排便の刺激を得る為にとても重要)

●食物繊維を含む食品を積極的に取り入れる

筋肉をつける事が便秘に良い理由

毎日快便の方も強く力まないと便が出ない・残便感が残る・不快な時がある方は快便とは言いずらく、いつ便秘になってもおかしくはありません。無理に出そうとすると痔になってしまう場合もあります。

ではどうすれば残便感が残らずに、強く力まないように出来るのかと言うと、やはりお腹の筋肉(腹直筋)を鍛える事です。排便する時には腹直筋や内転筋の筋肉を使って排便します。鍛える事に身体に負担をかけず快便するようになります。筋肉が弱いと無理に出そうとしたり、なかなか出ない事が多くなってしまいます。

それでもお困りなら

お気軽にご相談してください

いかがでしたか、排便は健康のバロメーターですので、しっかり排出する意識をもって習慣づけてください。それでも中々改善しない・筋肉低下でお困りの方など、当院では寝たまま筋肉を強化出来るEMSのマシンがあり、普段では鍛えずらいインナーマッスルまで効率良く鍛える事が出来ます。日常生活で筋肉の低下から生活しずらい方や歩き方がふらふらしてきた等、色々なお悩みが解決出来るようアドバイス・ケアさせて頂きます。

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

089-970-6060

開院から閉院まで、お電話対応しています。お昼休みも随時電話対応しているので、お気軽にお問合せください。

ホームページ限定

通常4000円の所
1日2名様まで
初回の患者様限定
 3回目まで毎回     1980円♧       
予約時にホームページを見たとお伝えください
お気軽にお問い合せください
089-970-6060

INFORMATION

2019/03/04
新ホームページを公開しました
2019/03/01
「当院概要」ページを更新しました
2019/02/28
「当院の特徴」ページを作成しました

院長ごあいさつ

代表者名
石原 正邦

親切・丁寧な対応で、患者様のお悩みを親身になって、改善へ導ていきたいと思っています。 何でもご相談してください。

院長プロフィールはこちら

アクセス・診療時間

住所

〒790-0913 愛媛県松山市畑寺4-13-19

最寄駅

伊予鉄バス10番線バス停繁多寺口から徒歩1分

診療時間
 
午前 ×
午後 ×

午前10:00~12:30
午後14:00~20:00

定休日

火曜日・お盆・年末年始